ニュース

ニュース

日本脳腫瘍学会 第1回脳腫瘍支持療法研究会のホームページが開設されました。

http://jann49.umin.ne.jp/abstracts.html


脳腫瘍支持療法委員会では、脳腫瘍に関わる多職種による診療・研究・教育を通じて、脳腫瘍の患者さんおよび介護者の悩み・診療上の問題点を明らかにします。さらに、脳腫瘍の患者さんの症状緩和・リハビリ・就労支援を検討・発展させ、ACP(advanced care planning)の検討を支援し、QOL(Quality of life)を向上させるための支持療法を科学的に確立することを目的とします。

2023年の第1回研究会では悪性脳腫瘍の患者さん・家族のニーズやサポートをより明らかにするところから始め、全国的な患者さん・家族へのアンケート調査も実施したうえで、分析します。

2023年3月に演題登録を予定しています。

なお、日本脳神経看護研究学会理事長の百田は、外部委員として参加しています。

日本脳神経看護研究学会会員の皆様も、是非、積極的に、演題発表やご参加をお願いします。

日本脳神経看護研究学会 会員の皆様へ

2021年度会員総会(Web)でご報告した通り、日本脳神経看護研究学会では、脳卒中医療に関連する各種学会(看護師、医師、社会福祉士、介護支援専門員、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士等)が協働し、職種を超えて脳卒中医療の向上や政策に取り組む「一般社団法人日本脳卒中医療ケア従事者連合」へ加入いたしました。

この団体が中心となり、「脳卒中相談窓口マニュアル」を作成することとなり、看護師の作成メンバーとして、日本脳神経看護研究学会が、日本ニューロサイエンス看護学会と共に参加しました。

既に、STROKE2022に参会登録をされた方はWEB視聴ページ内から、マニュアルを閲覧・ダウンロードいただけましたが、この度、一般社団法人日本脳卒中医療ケア従事者連合の各社員団体の会員向けに公開可能となりました。

2022年6月7日、日本脳神経看護研究学会会員の皆様に、このマニュアルをメール配信しましたので、ご確認ください。


なお、今回、会員の皆様に公開したマニュアルは、日本脳卒中学会雑誌(脳卒中)に7月25日掲載予定となっており、ネット上で一般公開されることとなります。

今後、本マニュアルは、今後、多職種の意見を聞きながら改訂する予定となっております。

開催日時:2021年7月17日(日)13:30~(受付13:15~)

開催方法:オンライン開催(zoomでの開催)

参加費:会員 無料・非会員 5,000円

詳細は添付ファイルをご覧下さい。

第49回日本脳神経看護研究学会よりご連絡させていただきます。

演題募集について、ホームページ掲載が遅れましたことをお詫び申し上げます。

そこで、演題募集期間を再延長いたします。


演題募集期間:2022年5月13日(金)〜5月20日(金)正午まで

演題募集案内ページ http://jann49.umin.ne.jp/abstracts.html

皆様のご投稿をお待ち申し上げます。

日本脳神経看護研究学会九州地方部会主催の脳神経看護セミナーを開催いたします。

詳細は添付ファイルをご確認下さい。

日本脳神経看護研究学会北海道地方部会2022年度総会・研究発表会・記念講演会を開催します。

開催日時:2022年5月14日(土)13:00~16:00(受付12:50~)

開催方法:オンライン開催(zoomでの開催)

参加費:無料

詳細は添付ファイルをご確認ください。

第49回日本脳神経看護研究学会よりご連絡させていただきます。

演題募集について、ホームページ掲載が遅れましたことお詫び申し上げます。

そこで、演題募集期間を延長いたします。


演題募集期間:2022年4月18日(月)〜5月13日(金)正午まで

演題募集案内ページ http://jann49.umin.ne.jp/abstracts.html

皆様のご投稿をお待ち申し上げます。

第49回日本脳神経看護研究学会を2022年7月30日(土)に開催予定です。4月18日(月)正午より演題の募集を開始いたしました。会員の皆様には、ぜひ多数の応募をしてくださいますようお願いいたします。


【開催概要】

学会名:第49回日本脳神経看護研究学会

会 期:2022年7月30日(土)

会 場:御茶ノ水ソラシティカンファレンスセンター 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台4-6

会 長:落合 聖乃(順天堂大学医学部附属順天堂医院)

http://jann49.umin.ne.jp/index.html

演題登録締切:2022年5月2日(月)正午まで

演題募集案内ページ http://jann49.umin.ne.jp/abstracts.html
22/04/12

【新着情報】

編集委員会E-mailアドレス変更

投稿論文につきまして、編集委員会のE-mailにて随時受け付け、順次査読をし、採否を決定しております。

この度、編集委員会のE-mailアドレスを変更しました。

脳神経看護領域の現場で日々取り組んでおられる実践報告や研究など、この機会に是非まとめていただき、多くの会員の皆さまからの投稿をお待ち申し上げております。

なお、投稿をされる際には、投稿規程に準じてまとめてくださるようにお願いいたします。


投稿論文送付先ならびに問い合わせ先

日本脳神経看護研究学会 編集委員会

E-mail jann.editer@gmail.com


22/03/11

【新着情報】

脳卒中相談窓口マニュアル公開

2021年度会員総会(Web)でご報告した通り、日本脳神経看護研究学会では、脳卒中医療に関連する各種学会(看護師、医師、社会福祉士、介護支援専門員、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士等)が協働し、職種を超えて脳卒中医療の向上や政策に取り組む「一般社団法人日本脳卒中医療ケア従事者連合」へ加入いたしました。この団体が中心となり、「脳卒中相談窓口マニュアル」を作成することとなり、看護師の作成メンバーとして、日本ニューロサイエンス看護学会と共に参加しました。
この度、下記の通り、公開されましたのでご報告いたします。
----------------------------------------------------------------------
脳卒中相談窓口マニュアルを公開いたしました
----------------------------------------------------------------------
各位
2022年度中に1次脳卒中センターのコア施設に「脳卒中相談窓口」が設置されます。
日本脳卒中学会では「脳卒中相談窓口」で行う業務についてのマニュアルが整備されました。
第47回日本脳卒中学会学術集会においては、このマニュアルを用いて「脳卒中相談窓口に関する多職種講習会」と「脳卒中相談窓口に関わる人材の育成」という二つの多職種講習会を予定しております。オンデマンドで5月末まで受講可能です。
「脳卒中相談窓口」には、この二つの講習会を受講した人材の配置が必要となります。
STROKE2022に参会登録をされた方はWEB視聴ページ内「多職種講習会」ページから、マニュアルを閲覧・ダウンロードいただけます。一般社団法人日本脳卒中学会会員の皆様はもとより、脳卒中に携わる多職種の同僚の皆様に、参会と多職種講習会の受講をぜひお勧めください。

【WEB視聴画面はこちらから】
https://mdpj.jp/interlude/stroke2022/index.cfm

※ログインにはSTROKE2022の参加登録が必要です


一般社団法人日本脳卒中学会
理事長 小笠原邦昭
STROKE2022
第47回日本脳卒中学会学術集会
宮本 享(京都大学大学院医学研究科脳神経外科)
第51回日本脳卒中の外科学会学術集会
清水 宏明(秋田大学大学院医学系研究科脳神経外科)
第38回スパズム・シンポジウム
森岡 基浩(久留米大学医学部脳神経外科学講座)
<< 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11